目の下の気になるクマが消える魔法の改善術|目元の可愛さUP

寒い冬は要注意

スキンケア

寒い冬場は目の下のクマが急増するといった調査結果があります。そのため、冬こそしっかりとケアをすることが大切です。目の血行を良くするグッズも販売されるようになり、手軽にケアできる環境となっています。クマで悩んでいる人は、血流が悪化する冬こそしっかりとしたケアが必要です。

View Detail

いたわることが大切

目を閉じる人

目の下はとても皮膚が薄く、この皮膚が薄いということがクマができる原因の一つです。日常生活を送るうえで大切な目ですが、一日働き続けていることで疲れが溜まり、血流が悪化している場合があります。目をいたわることが、クマを薄くするためには大切です。

View Detail

美容ケアが解消につながる

医者と女性

目の下のクマが気になるという人は、どうしてもクマだけに注目する傾向があります。しかし、その症状だけに注目するのではなく、多くの人が行っているアンチエイジングケアをすることでしっかりとたクマケアにもつながります。

View Detail

隈が生じる種類と原因

治療中

生じる原因

まず第一に目の下のクマの生じる原因についてですが、目の周辺の粘膜に誘因が隠されています。 目の周辺の粘膜は、近くにあるスキンに比べてとても薄いのです。 要するに、素肌の下の血管が映ってしまいやすいわけです。 目の周辺の素肌は、体の体型とは関係なしに、ほとんどの人がとても薄いといえます。薄さは、0.6ミリレベルしかないということがあります。このような薄さの下を取りまく血管がはっきりとわかるように見えてるのです。それから、睡眠が足りない状況や疲弊、そして体調を悪化させるようなストレスによって、うっ血した場合血液自体が黒っぽくなり素肌にメラニン色素が沈着し、その点が黒味をおびて見え目の下のクマとなって出現します。

種類とその原因

目のクマの種類についてですが、まず茶クマ があります。これが発生する原因は色素沈着が要因です。また、目をこすりすぎることも要因の1つです。その他、アトピー性皮膚炎そして痒み、さらにお化粧品のかぶれについても要因になっています。 そして青クマがあります。 この原因は、血流不良があげられます。目の周辺にある数多くの毛細血管が関係しています。血液のめぐりが悪化し、薄い素肌から毛細血管が透き通って青のように感じられるのが青クマになります。 冷え やホルモンバランスそして睡眠不足さらにストレスなどのような状況から、血の巡りが悪くなるとされています。 最後に黒クマですが、原因として生まれ乍ら目の下の脂肪が多くないあるいは老化現象により目の下の眼窩脂肪をフォローしている筋肉がゆるむ などがあげられます。これらのクマを取り除くためには、美容外科やクリニックで治療を受けるのが無難です。女性の肌トラブルを多く解決してきたこれらの医療機関なら、目元のくっきりとしたクマも目立たなくしてくれます。